今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

専門医も警告する「糖尿病 歯周病 合併症」について注目してみた!

無痛治療

専門医も警告する「糖尿病 歯周病 合併症」について注目してみた!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

引き寄せ歯医者の原田です。

講演された糖尿病専門医からから拡散してほしいというお言葉をいただきましたので、シェアさせて頂きます。

この西田医師は、自称 日本で一番歯周病にうるさい糖尿病専門医 だそうです。
日本の糖尿病人口は700万人以上いると言われております。

糖尿病が重症化すると、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害などになり、生活が大きく制限されます。

糖尿病になるとこわいのは、健常者に比べて感染に弱くなることです。
そしてまた、糖尿病は歯周病と とても関係が深いこともわかっております。
彼が紹介された事例をシェアさせて頂きます。

この患者さんは、29歳の女性です。
28歳のときに1型糖尿病を発症し、インスリン治療を行っていたのですが、通院が不定期で自己注射も中断することが多かったそうです。
 あるとき、風邪の症状をきっかけに発熱し、その後昏睡状態に陥り救急車で搬送されました。

入院後、肺化膿症と診断されました。
呼吸不全をきたしていたため、集中治療室で人工呼吸管理、抗生物質投与、インスリン静注による血糖管理などを行い、奇跡的に一命を取り留めることができました。

血糖コントロールが不良であったとはいえ、29歳の女性が致死的な多発性肺化膿症を併発することは通常では考えられません。

何らかの感染源があったはずです。
それはICU を退室した後に判明しました。

患者さんは、長らく歯科医院に通院しておらず、むし歯と歯周病を放置していたことがわかったのです。

歯周病の歯が16本、むし歯が9本あったのです。

口の中にある悪玉菌が血液に乗って全身に行き渡り、多発性肺膿瘍を形成したと考えられます。
論文を検索すると同様の症例が国内外で報告されています。

この事例からわかるのは、29歳と若い方でも悪条件が重なれば、軽微な口の中の感染症から命取りになるほどの重症感染症を併発しえるということです。
糖尿病患者さんの場合、むし歯、歯周病といえども見逃すわけにはいかないのです。

※ これを防ぐ方法はあります。 ※
それはむし歯や歯周病になる前に、何ともなくても3ヶ月に1回、歯科医院できちんと定期健診を受けることです。
これで医療費を節約することができます。

歯周病と全身疾患

糖尿病と歯周病【糖尿病3分間ラーニング】

健康講座 歯周病と糖尿病

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!